学校に自由の風を!ネットワーク

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011年12月11日集会 「原発の安全神話を支えてきた『学校教育』 」

<<   作成日時 : 2012/01/01 10:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
*** 国策としての「学校教育」から → 子どもたちのための「学校教育」へ ***
“絶対安全の原発”という幻想を広げ、原発推進の力となった安全神話。人びとを自分の頭で考えることから遠ざけ、上意下達の命令に従わせる。『日の丸・君が代』強制に象徴される学校教育が、それをおこなわせる手段へとねじ曲げられてきた。

■日時:2011年12月11日(日)午後1時(開場)1:30〜4:30 ■会場:明治大学リバティタワー 16階 1163号室
■内容:   [パネルディスカッション]   コーディネーター:古山葉子さん(通訳・現役保護者) 
☆鎌田 慧さん(ジャーナリスト)
☆俵 義文さん(子どもと教科書全国ネット21事務局長)
☆根岸富男さん(原子力教育を考える会・高校教員)                  
■共催:子どもはお国のためにあるんじゃない!」市民連絡会、学校に自由の風を!ネットワーク、子どもと教科書全国ネット21



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

2011年12月11日集会 「原発の安全神話を支えてきた『学校教育』 」 学校に自由の風を!ネットワーク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる